車椅子って車屋で購入?

車椅子って車屋で購入? 車椅子って、普段は使うことはないものですが、怪我をして必要になってしまったり、高齢になり介護が必要になったために利用をしたい場合、どこにいけばいいのでしょうか? 車屋さん?自転車屋さん?いいえ、答えは介護用品の専門店です。
特に高齢になり介護が必要になったために利用をしたい場合は、公的制度である介護保険の適用となる場合があります。
ただし、介護保険の場合はある一定以上の介護が必要な状態と介護保険で認定を受ける必要があります。
一定以上の介護度がある場合は、介護保険の制度でレンタルを受けることができます。
そして、利用している車椅子が壊れたときやパンクしてしまったときはどうすればいいでしょうか? この時は最寄りの自転車屋さんに行くと修理をしてもらえる可能性があります。
車椅子のタイヤは結局、自転車のタイヤと大きさもほぼ変わらないため、修理内容も同様であるケースが多いのです。
ただし、フレームや本体の不具合は購入店に行くことをおすすめします。
いまは、販売店に専門の方も多くいらっしゃるので、相談して購入されるとよいでしょう。

車での車中泊について

最近では車での旅行を旅館やホテルを利用せず、車の中で眠る車中泊を行う方が増えており、軽自動車でもシートを倒せばフルフラットができるものも多くなっています。
車中泊の1番のメリットは旅館やホテルを利用しないので経済的な点で、宿泊に使う予定の予算を旅行でのイベントなどに使えますので、思い出を多くつくることができます。
しかし旅行の運転は疲れが溜まりますので安眠することが必要で、身体を休めたり仮眠を行うくらいならシートを倒して休めば良いのですが、十分な睡眠を行うにはフラットな床で眠ることが必要になります。
シートアレンジを行ってシートをフラットにしてもシートは身体を包む形状が多いのでデコボコした床面になってしまいます。
この様な床面では寝返りをうったりしてしまい、十分な安眠を行う事が難しいので、床面が出来るだけフラットになるように工夫する必要があり、エアマットを床面に使用すると快適な寝心地になるといわれています。