廃車する際に必要な手続きとは?

廃車する際に必要な手続きとは? 廃車をするためには手続きを必ずしなければなりません。
その方法にも種類がありまして、車を解体する永久抹消登録、一時的に使わなくする一時抹消登録、車を輸出する事になる輸出抹消登録になります。
一般的に行われる事が多いのが永久抹消登録になりますが、必要となる書類は車の所有者の印鑑証明書、委任状、ナンバープレート、車検証、手数料納付書、絵球抹消登録申請書、自動車税・自動車取得税申告書です。
条件によっては住民票や戸籍謄本や重量税還付のために必要な書類がいります。
運輸支局に申請を行ない、廃車手続きに必要な書類を提出、費用を支払うだけになります。
永久抹消登録になりますので車の引き取りや解体費用が発生しまして、ナンバープレートの取り外しや解体は業者がしてくれます。
流れ的には先に解体等ほしてもらい、業者から解体報告記録日の報告を受けて運輸支局で手続きをして終了です。
一時抹消登録の場合は基本的な流れは変わりありません。

廃車するとお金戻ってくるってホント?

廃車にした場合、まず自動車税と自動車重量税が戻ってくる場合がありますから、忘れずに手続きするべきです。
ただし、軽自動車の場合は自動車税は返金されませんが、自動車重量税の場合は返金される可能性があるので注意が必要です。
それから、自動車保険料も戻ってくる場合があります。
支払った保険料のうち未経過の分が戻ってきます。
ですから、廃車手続きをしたら、なるべく早く保険会社に連絡するのがお勧めです。
遅くなればなるほど戻ってくる保険料が少なくなってしまうので、すぐに手続きを行った方がオトクです。
任意で加入する自動車保険はもちろん返金されますし、それから強制保険である自賠責保険も未経過分の保険料は返金されます。
たまに自賠責保険は返金されないと思い込んでいる人がいますが、そんなことはありません。
自賠責保険も返金される可能性があります。
ですから、自賠責保険についてもスグに保険屋に連絡して返金手続きをするといいです。