車の廃車にかかる費用はどれくらい?

車の廃車にかかる費用はどれくらい? 車が寿命を迎え、廃車にするときには、どのような手続きを取れば良いのでしょうか。
一番簡単なのは買い替えであれば、新しい車を購入するディーラーや中古車販売店を通して手続きを代行してもらう方法です。
ただ、代行してもらう場合は手数料などの費用が請求されることが少なくありません。
ディーラーであれば15,000円~20,000円前後が相場です。
多くの方がこれは仕方がないものだと割り切っているかもしれません。
しかし、決して当たりまえではないのです。
車の買取店の中には、廃車専門の買取があります。
そのような買取店でクルマを持ち込めば、手数料を請求されるどころか、逆に数万円のお金を支払って買い取ってくれる場合も少なくありません。
なぜ廃車なのに買取価格が付くのかでしょうか。
それはまだ車としての商品価値があるからです。
たとえば、海外に輸出したり、パーツ取りに利用したり、最後は鉄などの金属にリサイクルさせることができます。

車の廃車は業者に任せるべき?

自分で廃車する場合には、軽自動車の場合は軽自動車検査協会、普通車の場合は陸運局にて手続きが必要なうえ、解体の際は費用が発生する場合がほとんどですし、自走不可能な場合にはレッカー費用も発生し、手間と時間とお金がかかります。
ただし、新車に買い替える場合は購入先の自動車ディーラー又は販売店の担当者が無償で手続きしてくれる時もあります。
ただ、その場合でも解体などの費用負担までは難しいと思いますので、どちらにしてもデメリットが多いです。
しかし業者に任せた場合には、廃車の手続き関係を全てしてもらえるのは勿論のこと、車の引取り代金など費用は一切かからないどころか、買い取りしてもらえる場合もあります。
また、自賠責保険の有効期限が残っていれば、買取代金とは別で残存期間に応じて自賠責保険料が戻る場合もあり、メリットばかりです。
しかも近年では、何社かを一度に査定できるサイトがありますので、1件1件査定依頼をする必要もなくなり、少しでも査定金額が高い業者を探すことが簡単にできるようになりました。
ですから、車の廃車は自分でするよりも、業者に任せるべきです。